top of page
検索
  • OKEANOS ,Inc.

帝王切開について

犬は安産の象徴と言われていますが、自然分娩が困難と判断された場合、帝王切開による出産を試みることがあります。ブルドック、パグ、ボストンテリアなどの短頭犬種やチワワ、プードルなどの小型で産子数の少ない犬種の場合は、比較的難産になる場合が多く、帝王切開による出産が必要となるかもしれません。



以下の項目に当てはまる場合は難産と診断され、獣医師による緊急処置が必要です。

  • 直腸温の低下後、24時間経過しても陣痛が起こらない。

  • 強い陣痛が30分以上あるが産まれない。

  • 微弱で休息期の長い陣痛が4~6時間続く。

  • 緑色の液体排出(胎盤剥離の徴候)

  • 第一破水から2~3時間たっても産まれない。

  • 母犬が激しい痛みを示す。




実際の手術⬇︎


子宮を取り出し、胎児を取り出すための切開を行います。




生まれた子たち

(ブルテリアは生まれた時から子の鼻の形なんですね👃


胎仔がみんな、ちゃんと呼吸をするか、動いてくれるか、鳴いてくれるかなど確認します。

犬の赤ちゃんは母犬からの移行抗体(母乳)が必要です。親から抗体をもらわないとすぐに病気になってしまい、命を落としてしまう可能性があります。


手術が終わったばかりの母犬は大変ですが、母乳を与えてもらう必要があります。





犬は通常、最初に交配したときから数えて58~70日目に出産します。ご自宅での出産を予定されている場合でも、予定日の1週間前には一度レントゲン検査を行って胎児の数を確認し、帝王切開になった場合にはどうするかなど獣医師と相談されることをお勧めします。


ご相談やセカンドオピニオンにも対応しておりますので、当院までお越しください。

※当院は予約制となっております。事前にご連絡頂きますようにお願いいたします。

※医療関係者様からの手術の依頼、相談等も受け付けております。

TEL:050-1807-1120


武相動物病院 獣医師 岩屋大志郎


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page